ふっくらほっぺブログNEXT

食べ歩き多め体重マシマシ

レシピレシピ

昨日の記事の続きです📝


f:id:pukupan:20230208092135j:image

 

ジョンソンタウンで食事をとることにしました🍴

 

レシピレシピというお店に入ります。

 

お店外観📷


f:id:pukupan:20230208092313j:image

 

店内の様子🪑


f:id:pukupan:20230208092411j:image

 

楽器が置いてあります🎸


f:id:pukupan:20230208092556j:image

 

店内で雑貨も販売されていました🕯


f:id:pukupan:20230208092500j:image

 

いただいたのはコチラ🥗


f:id:pukupan:20230208092636j:image

 

サラダとオムライス(3種類ある味付けの中からトマトソースを選びました)🍅


f:id:pukupan:20230208092659j:image

 

お魚料理🐟


f:id:pukupan:20230208092820j:image

 

+ドリンクとデザート付(画像は冒頭にあります)🥄

 

お茶の種類が豊富です。私はエルダーフラワー、げろちゃんは月桃茶をいただきました😋

ポットにたっぷりとおかわりが入っているので、ティーカップ3杯は飲めます☕

 

ごちそうさまでした🍽

 

r.gnavi.co.jp

 

こちらのお店の口コミを見ていたら、ハーブを使ったお料理が人気らしく、ハンバーグが美味しい様です🌿

 

お散歩記事はもうちょっと続くっ。

 

ジョンソンタウン


昨日の記事の続きです📝


f:id:pukupan:20230207081348j:image

 

ジョンソンタウンは、元陸軍航空士官学校の将校用賃貸住宅が建てられていたところ。

 

太平洋戦争終結後、米軍が接収し陸軍航空士官学校や飛行場がジョンソン基地となり、朝鮮戦争勃発に伴う基地増強により米軍ハウスが建設された模様。

 

1978年(昭和53年)、ジョンソン基地が米軍から日本に返還され、航空自衛隊入間基地へ。


f:id:pukupan:20230207081420j:image

 

空き家になった米軍ハウスに日本人が住み始め、その後荒廃し一時はスラム化しましたが、平成に入って復興され現在に至ります。

 

今はオシャレな古いカリフォルニアっぽい雰囲気です。

 

平屋建てで、白い板壁、三角屋根がかわいいです。


f:id:pukupan:20230207092443j:image

 

希望者はこの住宅街に住む事も出来ます。

 

散策中、空き家状態なアメリカン古民家もありました👀

 

すてきなカフェが多いです☕


f:id:pukupan:20230207092730j:image

 

貝殻喫茶室というお店が気になりました🐚


f:id:pukupan:20230207093007j:image

 

↓ブルーコーンというハンバーガー屋さん🍔


f:id:pukupan:20230207094519j:image

 

アメリカンな雑貨屋さん MiMiMom


f:id:pukupan:20230207094557j:image


f:id:pukupan:20230207094626j:image

 

↓THE PORK SHOP (ビストロ)


f:id:pukupan:20230207094932j:image

 

↓spoonful smile (コーヒーショップ)


f:id:pukupan:20230207095026j:image

 

他、カレー屋さんや餃子屋さんもありました🥟

 

車であれば、入間市周辺には他にも、三井アウトレットパーク入間(駅からバスが出ています🚌)や、中村屋中華まんミュージアムなど観光出来るスポットあります🚗

 

また長くなってしまったため続くっ。

 

JOHNSON TOWN

埼玉県入間市にあるアメリカな街へ行ってきたよ🚃


f:id:pukupan:20230206090316j:image

 

ジョンソンタウン


f:id:pukupan:20230206090713j:image

 

1950年代のアメリカっぽい住居区域です。


f:id:pukupan:20230206091111j:image

 

場所は西武池袋線入間市駅下車徒歩18分のところにあります👟(タクシーでは約3分🚕)

 

同県内の我が家から直線距離ではそんなに遠くない筈なのですが、埼玉県は東京都のベッドタウンですので、鉄道路線もすべて各主要駅から東京へと続く縦路線ばかり🛤

 

県内を横断しているのはJR武蔵野線位かな?

 

なので、わざわざ都内に出てから県内に戻るルートが、乗り換え1回だけでいちばん良さそうです😂

 

そんな訳で埼玉の植民地、池袋へ🚉

 

池袋駅からFライナーに乗り換えます。


f:id:pukupan:20230206092150j:image

 

Fライナーってなんぞ?となり調べたところ、どうやら鉄道5社で相互乗り入れをしている直通電車の総称らしく、特急料金等はかからず普通切符で乗車出来るというお得な電車でした。

 

ホーリーシット!なんて便利だろう!

 

今回の場合でいうと東京メトロ副都心線急行と西武池袋線快速急行が最速で直通運転をしてくれています、お得ですし楽ですね。

 

…電車の話だけで結構長くなったよ。

 

入間市駅に到着記念📷


f:id:pukupan:20230206094616j:image

 

駅から山が近くてよく見えました🏔


f:id:pukupan:20230206094733j:image

 

いいお天気です☀

 

狭山茶の主産地なので、こんな看板がありましたよ🍵


f:id:pukupan:20230206095321j:image

 

いつも前置きが長すぎて、もうわかっているとは思いますが、続くっ!


f:id:pukupan:20230206095716j:image

 

ケーキケーキ

大宮東口でお花とケーキの自販機発見しました👀


f:id:pukupan:20230205085937j:image

 

賞味期限までに売れるのでしょうか?🤔


f:id:pukupan:20230205090022j:image

 

ショートケーキ缶、700円です。

 

瓶代が含まれているのでしょうけれど、お高めですね👛

 

 

別日に行った洋菓子店🎂


f:id:pukupan:20230205090509j:image

 

Patisserie ジュイール

 

店内の様子🧁


f:id:pukupan:20230205090603j:image

 

どれもきれいで美味しそうです✨


f:id:pukupan:20230205091048j:image

 

購入したケーキ🍰


f:id:pukupan:20230205090639j:image

 

手前 ルージュ

奥側 とちおとめ

 

美味しかったです、ごちそうさまでした☕

 

 

埼玉県内でお仕事探し始めたのですが、やっぱり同じ職種でも都内と比べると賃金がだいぶ低くなりますね💴

 

以前までだったら次の仕事先も都内一択なのですが、最近自分の健康状態に不安を抱えているので、県内の職場が良いなとなりました…。

 

面接に行くためのスーツを引っ張り出してきて着てみたら、やはりというか当然というか、6年位前に最後に着てからだいぶ太ったので、一応着れたけれどもパツパツなカンジ😂

 

しゃーなし。

 

アリエッタ再訪🍽


f:id:pukupan:20230204153317j:image

 

小柱と菜の花の雲丹クリーム🍴

 

たまたまさっと入れましたが、基本的に予約でいっぱいなので、事前確認が必要です☎

 

食事中、確認の電話が何件かかかってきていましたが、満席で皆さん諦められていたので我々はラッキーでした。

 

お店外観🏚


f:id:pukupan:20230204153500j:image

 

メニュー📝


f:id:pukupan:20230204161603j:image

 

ほんとは店内の様子の画像もあったのですが…自分の指が写り込んでしまっていたので、削除しました📷

 

いただいたランチはコチラ🥗

(サラダセットコース¥1,100)


f:id:pukupan:20230204153632j:image

 

サラダとパン🍞


f:id:pukupan:20230204153647j:image

 

豚バラ肉とゴボウのトマトソース🍅


f:id:pukupan:20230204153731j:image

 

食後のコーヒー☕


f:id:pukupan:20230204162305j:image

 

美味しかったです、ごちそうさまでした🍝

 

r.gnavi.co.jp

 

近場にお店がたくさんあるので、年1でしか訪れていないお店やまだ入ったの事ないお店もある…😋

 

知らない場所やお店開拓が好きなので、とても楽しいです😄

 

 

今、いつでも医者に行けるので、花粉症のお薬を出してもらいに行ってきました。

 

仕事してるとだいたい忙しくて医者に行けず、市販品買いがちだったので、毎年5月位まで薬代が結構かかってしまいます。

 

すぐに失業保険が入ってくるとはいえ、今までのお給料よりは金額がすこし減るため、高い薬代は痛手になるです。

 

あと今のうちに眼科にも行ってきます👓

 

【ちょこっと感想】迷路館の殺人


f:id:pukupan:20230203192957j:image

今日は埼玉県熊谷を代表する銘菓、五家宝をいただきました🍵

 

きな粉をまとった餅米のライスパフみたいなカンジで、もっちりとした不思議な食感のお菓子です🍘

先日の花園フォレストで購入したおやつです👛

 

 

迷路館の殺人 綾辻行人 感想書きます📝

 

文庫本の表紙の画像は、何日か前のブログにあるよっ!(雑)

 

だいぶ前に読み終えたので(でもまだあとがきを読んでいませんが)、思い出しながら迷路館の殺人、ぱんぶた推理を書きたいと思います📙

 

ネタバレ駄目な方は読まんでください。

 

まずは物語の前提として、この『迷路館の殺人』という本の中で“迷路館の殺人”という同名の小説がとある作者によって書かれている、という作中作になっています。

 

読者は迷路館で起こる殺人事件の『犯人』と、またこの小説を書いているのは登場人物中の誰か?という『作者』を探す事になります🔍

 

なので複雑そうに感じられますけど、殺人のトリック自体は今まででいちばん簡単に見抜けるよう、本文中にヒントが与えられているので難しくなくどんどん読めます📖

 

こちらの本、ぱんぶたはスマホを使う現在の探偵小説『ノッキンオン・ロックドドア』の後に読んだのですが、また昭和に戻って、ワープロが登場しますよ📝

フロッピーとか今の若い人はご存知なんでしょうか…?

でもミステリ小説はパソコンが無い位の方が味わい深いなと思いました😂

それにしても時代の移り変わりのスピードは目覚ましいですね。

 

〈あらすじ的なもの〉

迷路館の主人である日本推理小説界の老大家が、目をかけている若手小説家4人を招き、莫大な賞金をかけた推理小説の競作をさせる。

 

その競作小説を審査する側として、評論家や編集者、推理小説マニアである島田潔氏も参加する事になり、招かれた皆が迷路館でカンヅメ状態に。

 

ところが単なるカンヅメだと思われていた館が密室と化していて──。

 

みたいなカンジで連続殺人事件がはーじまーるよー!!

 

〈主な登場人物〉

宮垣葉太郎 (みやがきようたろう) 迷路館の主人

清村淳一 (きよむらじゅんいち) 推理作家

須崎昌輔 (すざきしょうすけ) 同

舟丘まどか (ふなおかまどか) 同

林宏也 (はやしひろや) 同

鮫嶋智生 (さめじまともお) 評論家

宇多山英幸 (うたやまひでゆき) 編集者

宇多山桂子 (うたやまけいこ) その妻

井野満男 (いのみつお) 宮垣の秘書

角松フミヱ (かどまつふみえ) お手伝い

島田潔 (しまだきよし) 推理小説マニア

 

第一の犠牲者が須崎昌輔なのですが、殺された後にわざわざ首を斧で切りつけられた状態で見つかります。

 

だとすれば犯人が何らかの理由で出血をし、カーペットについたその血を隠すために敢えて遺体の首を傷付け、血で血を隠したと考えられるのですが───我らが島田潔氏の案で皆の身体検査を行ったところ、誰も傷を負っている者はいない……。

 

ので、ぱんぶたはひらめきました💡

 

須崎昌輔は、林宏也にご執心で同性愛趣味を持つ人物だという事が周知の事実として書かれていたので、つまり須崎に襲われた林のあらぬところからの出血を隠したのに違いない…ってね!

 

結論。犯人は林なんじゃねえの!?

 

まあ、結果は違ったんですけどね(そりゃそうだ)…でも考え方としては遠くもなかったと思うんですよ、読んだ人に共感してほしい!!

 

 

ラストの方はどんでん返し×2くらい、いろいろひっくり返って混乱させられますが面白いです。

 

語りだすと長くなるので、もう強制的に終わろうかと思いますけどね、“作者”も誰なのかつきとめられませんでしたよ。

 

作者のペンネームは冒頭で書いてあるのですが、それなのにわからないのですよ、スゴくない?

だってそれに該当する人物が居ないけど…ってなるので…。

 

わからなすぎて、ダイイング・メッセージを解明するのに使ったワープロの〈文豪〉と〈オアシス〉のキーボード比較図(参照のため図解ページあります)まで眺めたりしましたが、まったくそんなことをする必要は無かったよって伝えたい。

 

無駄だからそのまま素直に先を読もう。

 

ぱんぶたも未読のあとがき部分をこれから読もうかなって思いますよ。

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

隠れ河原 旭のかりん糖

 

昨日の記事の続きですがこちら単体で読めます。

 

荒川近くまで歩いてきました👟


f:id:pukupan:20230201083044j:image

 

画像では判りませんが、山が近くに見えています🏔

 

工場直売のかりん糖屋さん、旭製菓店舗外観📷


f:id:pukupan:20230201083512j:image

 

大正13年創業。


f:id:pukupan:20230201083614j:image

 

↓水辺の置き物のカエルもマスク着用🐸


f:id:pukupan:20230201083735j:image

 

いろいろな種類の、かりん糖が販売されています🧺


f:id:pukupan:20230201083906j:image

 

店内にはすてきなカフェも併設されており、お茶休憩にちょうど良いです🍵

 

Layer Cafe (レイヤーカフェ)


f:id:pukupan:20230201090553j:image

 

竹林と、その向こうに荒川を眺める事が出来ます。

 

竹のひとつに鳥小屋が取り付けてありますね🐦

 

店内の様子🪑


f:id:pukupan:20230201091316j:image

 

左側にマスクを着けた、ふっかちゃんの大きなぬいぐるみがいます😷

 

こちらのお店ではエッグタルトが美味しい様なのですが、我々は飲み物のみ注文する事にしました。

 

いただいたのは黒糖タピオカのドリンク☕


f:id:pukupan:20230201091431j:image

 

右側はお店オススメの焦がしタピオカ黒糖ミルク🥛

 

黒糖タピオカが甘いのでドリンクの甘さはゼロでも大丈夫です(お味はお好み調整が可能)。

おそらくかりん糖に使用する黒糖を使っているのだと思います😋

 

テラス席もあるのですが、寒い日だったので空いていました😂


f:id:pukupan:20230201092107j:image

 

r.gnavi.co.jp

 

帰りに荒川の側にある花園水辺公園まで歩いてみました。

公園には特に何もなく、草野球チームが練習をしている位でしたが、川の先に埼玉県立川の博物館が見えました👀


f:id:pukupan:20230201092555j:image

 

観覧車みたいに見えるのは巨大な水車です。

 

直線距離だと近いのですが、荒川にかかる橋まで移動をしなければならないため徒歩だと遠い…ので行くのを断念しました。

 

お車での観光でしたら問題なく寄れます🚗

 

秩父鉄道小前田駅まで戻ってきました🚃


f:id:pukupan:20230201092942j:image

 

帰りのJR熊谷駅🚉


f:id:pukupan:20230201093020j:image

 

お疲れ様でした😊