ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

時空を超えた入浴スペクタクル

…というワケで(?)、映画版『テルマエ・ロマエ』観てきたヨー。

やっぱり原作には適わないけど、なかなか面白かったー!

阿部寛さん演じる主人公、古代ローマ人の設計技師ルシウスは、ハマリ役だと思いました(´∀`*)

ルシウスの生真面目で思い悩む性格がよく表現されていて、なによりも顔の濃さがしっくり馴染んでましたwww

それに、タイムスリップして現代日本にやってきたルシウスが、シャワートイレを初体験するとこに関しては、原作を上回る面白さだったYO!(・∀・)

漫画のいくつものエピソードをたくさん出そうとしているので、スピードがはやいかんじ。

もうちょっと、ゆっくり落ち着いて滞在してても良さそうに思えました。

それから風呂場がメインの話ゆえに、やたらルシウスの全裸シーンが多いのですが、絶妙なカメラアングルで大事なトコは絶対に見えません(笑)

他にもツッコミどころが多々あって(タイムスリップするシーンとか)、観ている間は各場面においてイロイロとココロの中でツッコむ事になるでしょう…(笑)

ヒロイン役の上戸彩ちゃんは、安定のカワイさ。(*´∀`*)

コレは映画館に行かなくても、そのうちスグTVで放送されるんじゃないかなぁ…?

(゚∀゚ )