ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

恐怖のナンキンムシ

皆さん。

南京虫なんきんむし)という虫をご存知だろうか?

別名、トコジラミ


カメムシの仲間なのですが、この虫は蚊やダニと同様に、ヒトの血を吸うのです( ;´Д`)

しかも吸血量がかなり多く、痒みがとても強く出ます。


先月始め頃のこと。

居間でお昼寝をしていると、枕の上に丸く黒っぽい虫がいました。

Pがティッシュで捕まえて潰すと、みるみるうちに血に染まっていくティッシュ…((((;゚Д゚)))))))

えっ。

ど、ど…、どゆこと!?Σ(゚д゚lll)

不気味に思いネットで検索してみると…。

Pが潰した虫と、トコジラミの画像が似ていました。

黒っぽく見えた虫は潰すと、ヒトの血液が抜けて薄茶色になっていました。


調べてみてわかった事。

厄介な事にこの虫、殺虫剤が効かない模様。

戦後、GHQDDT薬剤を散布して、トコジラミを一斉に駆除しました。

しかし最近のトコジラミは、駆除剤への耐性がついてしまった様子。

この進化を遂げた奴を、スーパーナンキンムシとも言うらしい。


そんな名称など、どうでもいい。


問題なのは、駆除の難しいこの虫が、1日5個位ずつ卵を産み、驚異的なスピードで増えていくという事です…!(◎_◎;)


そもそも、日本にはほぼ居なくなった筈のトコジラミ

それが何故、我が家に?


実は近ごろ、海外から荷物等に着いて持ち込まれたりするなど、都市部で再び増加傾向にあるのだとか…!∑(゚Д゚)

公共の場所(宿泊施設や飲食店など)にも発生している場合があり、そこを利用した人の衣服や荷物に入り込んで、持ち運ばれる事もあるようです。


マジか!?


もしかしたら、羽田空港を折り返し運転しているあの電車とか、先日行ったカラオケ店とか…とにかく、何処ぞで拾ってきてしまったらしい。

。・゜・(ノД`)・゜・。


その後、部屋の隅々まで掃除をしながら虫探し。

既にどこかに卵を産みつけられていたらどうしよう?

ストレスと戦いながら日々、他のトコジラミを探しましたが、最初の一匹以来、まったく姿を見かけません。


人が寝ているところへ出てきて、吸血するらしいので、もう思い切って何度も同じ場所で寝てみました(-_-)zzz

まったく刺される事なく、先月、今月とも無事に過ごしています。

まだ仲間の虫がいるとすれば、絶対に毎日の様に刺されていないとおかしい、それがトコジラミ

つまり、もう居ない、という事です!

居間でゴロゴロしていても全然大丈夫だとわかり、やっと安心出来ましたε-(´∀`; )


たまたま何処かで、くっついてきてしまった一匹だったのかも知れません。

運良く、すぐに退治する事が出来ましたが、もしも増えてしまったら個人で駆逐する事は非常に困難な様です。

業者にお願いすると、大変な作業になるのでお金がかかってしまうらしい…、今後も念のため家の中の隅々まで目を光らせていようと思います…。


皆さんにも、虫刺されにはこの様なケースが存在する、という事を是非知っていただいて、何かの折には思い出していただけたら…と思います。m(._.)m


長文にお付き合いいただき、ありがとうございやした!