ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

旧川原邸 (追加あり)

うぅう…体調悪くなって、昨日から先程まで横たわっていました( ;´Д`)

せっかくの休日が…(>_<)

やらなきゃいけない事いっぱいあるのに…!(;´Д`A


予告していた、旧川原邸です。

別アングルからの外観。



赤いお屋根が、なんかかわいい。

家の土台が当時としては珍しいコンクリートです。お金持ちであったと思われます。


大座敷の様子。



欄間があり、竹・梅・菊・欄の彫刻が施されています。


お風呂。




〈旧川原邸 沿革〉

富山県より明治32年に入植した川原平吉氏のご子息祐吉氏が、昭和8年に完成させた住宅。

建築費用は、当時の物価で約2500円。

当時の東京での清酒一升(1.8ℓ)の値段が1円90銭ほどだったといいます。


《追加》
解りにくかったので、昭和8年の物価を調べたら、
たばこ(ゴールデンバット)7銭、新聞購読月90銭、はがき1銭5厘、豆腐一丁5銭、そして日雇い労働者の賃金が1円30銭、とありました…。

なんだか今でもじゅうぶんに住めそうなお家で、お金をかけているからか、保存状態の良さに驚きました。

広いので、1人1部屋ずつ持てそうです(笑)
こちらは、同じ敷地内にある『とかち農機具歴史館』です。



大きなガレージ2つの中に、たくさんの農機具が所狭しと置かれていました。





屋外にも…。



ガレージの大きさと比較すると、左の赤い機械が相当大きいという事がわかるかなと思います。


中には、こんなものもありました。



パン焼き釜。


↓これは屋外にあった釜。



石窯焼きピザが作れそう…。


集乳缶。




おまけ。

行ってみたら、たまたまお休みだった場所。



『昭和ナツカシ館』

…こんど入ってみたいですo(^▽^)o