ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

YOU CAN (NOT) REDO 感想的なもの

……って言っても、前も言った通りで、まったくと言っていい程、ストーリーを理解出来ていないのです…!

なので、個人的にキャラの感想とか。

です!



本日、安藤くん、ゼロくんには言ったけども。

(今日は楽しかった、ありがとう〜!)


ミサトがカッコ良かった……!!

ヴィレは女性が大活躍!

赤木リツコはもちろんのこと。

伊吹マヤ整備長 「コレだから、若い男は…(軽蔑発言)」

それに、使徒と戦うアスカ&マリのパイロット2人。

眼帯アスカ様↓




アスカはシンジをものすごく嫌っておきながら(同族嫌悪?)、でも結局見捨てていけない、実は面倒見のいいコ。

実は心の何処かで頼っている気も…?


マリは、中のヒト、坂本真綾ちゃんのハイテンションな演技がヨカッタ( ´ ▽ ` )ノ

戦闘中に昭和の歌謡曲を口ずさんでたりする余裕がある割に、肝心なトコロで戦線離脱してアスカ様に「役立たず!」扱い受けたりしても、飄々としている。

なにか他キャラクターの知らない情報を独自に掴んでおきながら、行動に出ずにひそかに楽しんでいるカンジ?



だけどとにかく、ミサトがカッコイイィ!!

堅い印象の制服(軍服寄り)といい、表情を見せないサングラスといい、時々垣間見える目付きの鋭さといい、シンジに対する冷たさといい、でも無慈悲という訳ではなくて、極力無駄を省いたというカンジ?

本当はシンジの心配もしている…と思う!

でも二アサードインパクト引き起こした張本人を皆の前で甘やかせない的な…だといい。

語り尽くせぬ………!!!

もう、ミサトに世界は救われるといいよ!!!!!


綾波レイ

綾波は、シンジが助けたと思っていたら、実は助けられていなかった…!

ので、シンジの知っているオリジナルの綾波ではなくなっている。

ただ命令された事を忠実にこなすだけの人形に戻っております。

なので綾波が以前、よく本を読んでいたからとシンジが好意で本を持ってきても、命令ではないので、読まない。

何を訊いても、「知らない。」

ただ、皆がオリジナルの自分と比較をする度に、オリジナルの自分とはどんな存在だったのか…?という事をだんだん知りたくなってはきている様子……。

碇ゲンドウの計画の駒として使われている現在から、他エヴァパイロットの働きかけによってだんだんとまた自我が目覚めてくれると良いな…と思う。


渚カヲルは、殆どTVシリーズの24話の台詞を色々な場面で使うので、なんか…新鮮さに欠ける。

繰り返さなくてよろしい。

それよりもっとイロイロな謎や、物語を紐解くヒントを無駄にカッコ良く散りばめたセリフを振りまいてから勝手に死んで欲しかった(笑)


そして、始終イライラさせられるけど、やっぱりカワイソウなシンジ。

せっかく『破』の終わり方カッコ良かったのに、なんか台無しにされちゃった感。

イヤ、むしろ台無しにする為に、『破』のラストを格好良さげに終わらせたのか?

よく精神的に壊れないな…と、ソコだけ褒めておいてあげよう〜。


あとカヲシン的な部分においては、問題ない。

2人でお風呂が、2人でピアノ演奏☆

になって、

2人でお泊り → 2人で星空鑑賞会☆

になった位の誤差。

あ〜でもお風呂の方が、裸の付き合い的なカンジでより親密だったかな?(笑)