ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

Facebook

映画、『ソーシャルネットワーク』を観てきました。

フェイスブックという世界最大のSNSソーシャルネットワーキングサービス)創設者、マーク・ザッカーバーグのドキュメンタリーみたいなお話。

P、ぶっちゃけフェイスブック知りませんケド。

ミクシィみたいなものと思ってもらえれば…たぶんそんなカンジ。

まぁ…ミクシィも知りませんケドww

ツイッターも…(以下同文)


粗筋的な紹介。

主人公マークは、ハーバード大学の優秀な学生。

エリカという美人の彼女と付き合っていたのだが、オタク特有な思いやりのない一方的な会話に愛想を付かされ、振られてしまう。

オタクが(すべてのヒトに当てはまる訳ではないけれど)、ものすごい勢いで喋るのは万国共通なのかしら?

とにかく天才なのに(だから?)、主人公のコミュニケーション能力が欠如しているのは否めない…。


一方的に振られたマークは寮に戻ると、酒を飲みながら自身のブログに元カノの批判を散々に書き(笑)、ついでに全寮のPCへハッキング。

侵入した先から全女子学生の画像データを集めて、親友エドゥアルド・サヴェリンと共に、女のコを品定めするサイトをつくってしまう。

そのサイトが男子学生達に絶大な人気で広がり(女子学生には絶大に嫌われる)、やがてそれがフェイスブックの成り立ちへと繋がっていく…。


…失恋って、時としてものすごいエネルギーを生み出すんだね!

一方、巨大に成長していくビジネスとは逆に、巨額のお金が関わってくると人は怖いものです。

富や名声を得ると同時に、失うものも出てくる…。

この映画のほとんどが事実、ノンフィクションなところが面白いです。

でもマーク氏、これ映画化されて大丈夫なのかしら?

いろいろと赤裸々すぎやしませんか??という意味で。


当日、オンナノコの日がきてしまい、映画を観ている最中にも関わらず猛烈な眠気がおそってきて辛かった~。

よりによって台詞の情報量が膨大だから、気を抜いて観ていられないカンジの映画だったのヨ。

レンタルなら、一時停止できて良いかもね?(笑)