ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

王子散策

 東京都、北区『王子(おうじ)』周辺を散歩してきました。

最初に駅の目の前『飛鳥山』へ。

e93e74f7.jpeg











山を登っていくと、飛鳥山公園になります。

7b15a4f7.jpeg











公園内には3つのミュージアムがあります。

■紙の博物館

(入館料300円)

■北区飛鳥山博物館

(入館料300円)

■渋沢資料館

(「道徳経済合一主義」を唱え、日本の近代経済社会の基礎を築いた実業家・渋沢栄一の資料館。入館料300円)

すべてを見学するなら、3館共通券(720円)がお得です。


中でも飛鳥山博物館、入る前は興味なかったのですが、かなり面白かったです。

北区の歴史を伝える展示物が公開されているのですが、出土された土器や石器、縄文人の人骨、弥生人の竪穴住居も再現されており、当時の人の暮らしぶりが解りやすく紹介されています。

他にも、自然や風土の学べる展示多数!


渋沢資料館の前にある、旧渋沢庭園には大正建築の青淵文庫(せいえんぶんこ)と、晩香ろ(ばんこうろ)…『ろ』の字が出てこなかった…が、あります。

建築物好きは必見!
土曜日のお昼くらいの時間しか、中を公開していません。

ばんこうろ↓

b1f4906c.jpeg












その後、飛鳥山公園を出て本郷通りをJR『上中里駅』方面へ約10分歩いていくと、滝野川公園と滝野川消防署に挟まれて『地震の科学館』があります。

01463d5c.jpeg










防災への関心を高める目的で開かれた施設。無料です!

ここではなんと、震度7の揺れを実際に体感する事ができます。

早速、実験用の部屋に入るP。

洋室、和室、キッチンと三つの部屋があり、畳の和室に座る。

始めは震度4の揺れから。

4なのに、この時点で既に結構な揺れを感じる。

あれ?ヤバイんじゃない??

5で、部屋の電気の傘が落ちてくるんじゃないかという位、揺れが激しい。

6になると、実験用建物がなんかきしむ音が聞こえ出して恐怖感を味わう。

それと、体が揺れで弾んでしまい、まともに座ってられない!

7。当たり前だけど立つことも出来ないし、床にはいつくばるしか出来ない!ありえない揺れ!!

なんか、想像していたよりスゴイ揺れるし、正直かなり怖い思いをしました!!!

数秒間の出来事が、とても長く感じられました。

おかげで地震の時の事をもっと真剣に考えなければいけないな、と強く思いました。

地震に備えていま何が出来るか、非常事態がきたらどうすればいいのか。

とても良い経験が出来たと思います。本当に勉強になりました。

親や友人達も連れて行きたい場所です。


それから、地震の科学館を出てさらに道沿いに徒歩で約5分。

旧古河庭園に行ってきました☆

e17fb30a.jpeg











その話はまたあとで~。

続きます。