ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

日光江戸村~後編~


〈前回までのあらすじ〉

☆お腹をすかせたP達は、ごはんを食べるため、お店に入ったYO☆


メニューを見たら、ちょっと変わったものが書いてありました。

スズメ

…頼んでみるしか!

出てきたのはコレ↓
7796cd4b.jpeg










茶色くて、わかるかな?

木の皿の上にのっています。

丸焼きです。(右上のほうが頭。上の細い部分、首。)

ギャー!!!どうしよう!!!

ヤックデカルチャー!!!!!!


とりあえず、かじってみた。

かたい。

肉はほとんどついてない。

骨と皮ばかりなカンジ。

味とか、よくわからない。

あえて言うなら、焼きとりのタレのあじ。

というか、タレしか食べれない。

食べれそうな、やわらかいカンジのところは殆んど無いですYO、コレ。

やっぱ、食用にしていい鳥はニワトリだけだYO!

くちばしとか、ゼッタイ食べれないYO!

……残しました。すみません…。

いや~…ゲテだった……。


このテーマパーク、結構見るところがあるので、丸1日いても良いかも知れません。

火の見櫓の野外ステージでは、『ねずみ小僧』と『女ねずみ小僧』の捕り物劇があり、

櫓(やぐら)から、飛び降りたりする過激なアクションシーンを間近で見ることができます!


忍者の館みたいなのもあって、変てこりんな内装の建物の中を忍者みたいに歩けます☆

早めに行けば、新撰組や剣士、町娘の衣装を着て変身出来るところもあるです(・ω・)

そのまま村をぶらり。

スナップ写真を撮ってくれるところも。


↓ロケ地としての使用目的でつくられた、『活動写真の里』
e0b72732.jpeg










蔵や庭園もあり、広い!

携帯カメラで写真を撮りまくっていたら、瞬く間に電池切れに!(死)

ゆっくり見てまわるなら、早めの時間に行くのがオススメです。

とはいえ、ココは劇場がたくさんあるので、どうしてもショーの合間に行くしかない感じになっちゃうかも?


帰り際。

お侍様がお見送りをしてくださいます。

太鼓の達人(笑)↓
334abfe9.jpeg










カコイイ!

スタッフは芸達者で、皆サービス精神にあふれているな~と感心。

上に書いてある文字は、『EDO WONDERLAND』。


日光江戸村の、マスコットキャラクターにゃんまげ』もお見送りv
e60e374b.jpeg










髷を結ったネコ。

飛びついても大丈夫☆

にゃんまげは強いらしい。


楽しいときって、本当に時間が経つのが早くて、あっという間に終わっちゃいます。

最終時間のバスに乗ってEDO空間にさようならです。


再び、鬼怒川温泉駅へ。

次回、最終回です、たぶん。