ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

世界遺産~中編~

江戸幕府を開いた徳川家康を祀る、東照宮

3代家光が当時の匠の技の粋を集めて荘厳

な造りにしたのだそうです。


携帯カメラに写らなかった一ノ鳥居をくぐると、

左手に五重塔が見えます。
7f0fd3b0.jpeg











…濃い霧で、五重塔のてっぺんが写っていま

せん。確か、GWに行った千葉のマザー牧場

も霧がかかって真っ白な世界じゃなかったっ

けかな…?

またですか!



表門を入ると、神厩屋があります。

その欄間に彫られているのが、有名な三猿(さんざる)です。
bf8c1e77.jpeg










(PCでご覧になる画像はクリックすると拡大表示されます)

見ざる、言わざる、聞かざる、です。

昔から猿が馬を守るとされているので、ご神馬をつなぐ厩に

猿の彫刻なのです。

三猿以外にもたくさんの猿達がいます。

すべてが人生をあらわしているのだそうです。


東照宮のシンボル、陽明門(ようめいもん)。…の塀。
4675172e.jpeg










スゴクない!?

色とりどりのさまざまな植物・動物たちが彫りこまれ、

江戸時代の匠の技を見ることができる建築物です。

華麗です!


陽明門、屋根↓
41ac8fe4.jpeg










霧が邪魔ですが、細かなところに至るまで、芸術的

です!!

近場にいた団体客のガイドさんの話では、彫刻の数

が508体とか!

見る者にせまってくる圧倒的な姿です。

5405ced6.jpeg










豪華絢爛。

大きすぎて、携帯カメラでは一部しかお見せすること

が出来ない…!



唐門(からもん)は、なんかちょっと補修工事中でした。

本殿の中は写真撮影禁止となっていた為、ご紹介出来

ず残念…。


後編に続く。