ふっくらほっぺブログNEXT

しがない派遣社員の雑記帳

江ノ島「前編」


お久しぶりです!

鎌倉に遊びに行くつもりでしたが、江ノ島をぶらぶらしてきたPです。
江ノ島って、海の幸は美味しいし、景色はキレイだし、なんかとっても
観光地でした!
そんな江ノ島の魅力を、Pの視点からお伝えします。

いつも朝が遅いので、お昼すぎから出発。
藤沢駅から江ノ電に乗って『江ノ島』駅で下車。

ランチがまだなので、すぐにごはん屋さんへ。
江ノ島の名物は『しらす』なので、殆どのお客さんが『生しらす丼』か、
『釜茹でしらす丼』を注文する中、Pのアレルギー原因である『ゴマ』が
のっている為、あえてアジ丼。
美味しくいただきました。

そこから海へ向かって歩いていくと、路地通りに沿って小さなお土産屋
さんがちらほら。
外国風のお洒落なお店や、昔ながらの味わいあるお店まで様々。
縁日の射的や大昔のパチンコが置いてある遊技場や、ブリキの玩具を
扱っているお店が興味深かったです。

立ち並ぶ家々も、趣き深い歴史を感じるお屋敷が点在していて、見ている
だけでも楽しいです。

そうして歩いている内に、風に潮の香りが漂ってきて海がきこえる…じゃな
くて、見えてきます。
頭上になんか大きな鳥が…!
カモメかな?と思ったら、トンビでした!!
トンビかっこいいYO!猛禽類ならではのくちばしと太い足!
ワイルドですが、たまに観光客の食べ物を狙う様です。気をつけて~。

陸から江ノ島へと続く道の途中、げろちゃんが、
「Pさんの行きたい新江ノ島水族館はどこ?」
と訊いてきました。

何を云ってるんですか、『新江ノ島水族館』なんだから、そりゃあ江ノ島でしょ
う…と思いながらもガイドマップで確認してみると、なんと陸地側にあるYO!

…さっき来た道を引き返す我々。
ごめんなさい…。

そんなこんなで、『新江ノ島水族館』へ到着。
水族館って、だいたい相場が800円~1,200円位じゃないですか?
ここはぶっちゃけP的に高いです。
2,000円。
どんだけ~。

イルカのショーを見ました。
結構いろんな水族館に癒しを求めて行っているPからすると、ここのイルカの
プールは若干小さめ。
そして、イルカの芸はスピン・ジャンプのみ(ボールや輪っかなど道具はナシ)
なのですが、それを補うように踊り子兼ダイバーの女性が4人、まるでディズニー
のような衣装で歌いながらイルカと華麗なショーを見せてくれます。

演出がちょっと変わっていて面白かったのですが、ネタばれになるかなと思い、
自重。

それから特に、海沿いに建てられたこの水族館からの景色は絶景かな!
水平線に沈む夕日や、富士山、江ノ島が一望できるのです!!
夕日って、とても早く沈んでいくので目が離せません。
あっという間に日没。

なんか長くなったのと時間ないので、江ノ島の話は「後編」へ~。